大学が自宅から遠くても学べる

通信制大学は、基本的にはオンラインで講義を受け、毎日通う必要がないので、自宅から遠く離れた大学で学ぶことも可能になります。通学するなら、大学の近くに引っ越ししなければなりませんが、すべてオンラインで講義が行われ、スクーリングがない通信制大学であれば、一度も行かなくても、単位を取得すれば学士号や資格を取ることができます。通信制大学は、通えるかどうかを気にすることなく、学びたい科目がある大学や、講義を受けたい教授がいる大学を選べるので、真剣に勉強したい人にはお勧めです。

資格を取得するために通信制大学へ通う人が多いので、学生には働いている人もいますし、年齢もまちまちです。スクーリングを併用している通信制大学であれば、年齢や経歴が多様な学生と親しくなることができるという特徴もあります。

自分のペースで学べる

通信制大学の講義はオンデマンド方式が多いので、自分が好きな時間に学べます。家事をするために離席し、一段落した後に講義の続きを聞くこともできますし、理解できない講義は何度でも繰り返し、聞き直すこともできます。みんなで同時に対面で聞く講義では、このようなことは不可能ですので、通信制大学ならではのメリットといえます。

また、通信制大学はキャンパスや大学の施設を利用しない分、通学する学生の授業料と比べると安いのも特徴です。授業料が安いからといって、通信制大学の講義の水準が劣っているわけではありません。子育てが終わった後を見据え、資格を取るために勉強したいと、経済的な負担や通学する時間のことを考えて、通信制大学を選ぶ人もいます。